個人様向けメニュー

 不倫(浮気)調査
 夫や彼氏の浮気の場合、女性の勘は当たる確立が高いようです。妻や彼女の浮気に関しては、浮気が本気に心変わりしてからようやく気づくケースが少なくありません。
関係修復を望むにしても、離婚や別離を選択するにしても、悩んでいるだけでは解決しません。辛いかもしれませんが、状況を悪化させるよりも事実確認を優先し、騒ぎ立ててはいけません。相手を知り、最悪の展開に備えた証拠固めをすることこそ肝要です。

 調査内容

● 行動確認調査(尾行・張込み)により、不倫(浮気)の事実確認、証拠撮影、相手の人物特定を行います。
● 相手が未知の人物の場合など、必要であれば勤務先の割出しや、取材(聞込み)による家庭環境等の調査を実施することもあります。

 調査料金の目安

● 当人の職業や生活状況により異なりますが、過去の弊社取扱い案件では、概ね15〜60万円の範囲にほぼ集約されます。
● 平均40万円弱ということになりますが、行動パターンが把握されている場合など、想定通りの証拠撮りが10万円未満に収まるケースも少なくありません。
● 基本的な調査方法の料金につきましては、標準料金表を参照してください。

 その他 

● 調査結果の概要、時分単位の詳細な行動記録を報告書にまとめ、証拠となる写真やビデオ(DVD)を添付いたします。
● 調停や法的手段を要する場合、弁護士の紹介も可能です。
● ストーカー規制法、DV(ドメスティックバイオレンス)防止法などに抵触する違法な調査は行いません。
● 契約前のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。



 隠し事や浪費の解明(素行調査)
 伴侶に限らず、ご家族やご親戚など、お身内のなかでの不審な行動や使途不明の浪費は大変心配です。不倫(浮気)やギャンブルに限らず、投資の失敗や詐欺被害など、一人で苦しんでいたり、騙されていることに気づいていなかったりすることもあります。(お子様のいじめ・非行問題は別途ご案内)
対処の方法を見つけるには、原因を把握しなければ先に進みません。問い詰めるよりも、客観的事実の確認が必要な場合もあります。

 調査内容

● 行動確認調査(尾行・張込み)による立回り先や接触人物の割出しが第一に想定されます。
● 次に、痕跡(書類、メモ、電話番号、メール、言動、等々)の意味解明のための、関係先取材調査やデータ調査を行うこともあります。

 調査料金の目安

● ケースバイケースの傾向が強く、一概にはいえませんが、不倫(浮気)調査に準じると考えられます。
● 状況変化と調査進展具合を勘案し、範囲限定で調査を進めることにより、ご予算の軽減も可能かと思われます。
● 基本的な調査方法の料金につきましては、標準料金表を参照してください。

 その他 

● 調査結果の概要と根拠を報告書にまとめます。行動確認の部分については時分単位の詳細な行動記録を報告書にまとめ、証拠となる写真やビデオ(DVD)を添付いたします。
● 債務整理や法的手段を要する場合、弁護士の紹介も可能です。
● 契約前のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

                                                    このページ先頭へ


 失踪・家出(行方不明)
 理由は様々あります。失恋、駆け落ち、借金、その他いろいろ・・・
未成年者の場合は犯罪に巻き込まれる懸念も生じます。衝動的な失踪者は引くに引かれず、捜されることを待っていることもあります。
最悪の事態を避けるためにも、早急な対応が望ましいと思われます。


 調査内容

● 失踪前の痕跡(書類、メモ、電話番号、メール、言動、等々)から手掛かりを探します。差し支えのない友人・知人に協力を求め、情報収集することもあります。
● 痕跡と情報を分析し、関係地の見分や関係者からの聞き取りを行います。場合によっては関係先の監視や関係者の行動確認(尾行・張込み)を実施します。
● 認知症のご高齢者などの場合は、ビラの配布や掲示をすることもあります。

 調査料金の目安

● 事情、背景、事前の情報量などにより難易度が大きく異なり、お見積額も違ってきますが、基本調査料と成功報酬の設定となります。
● 概ねの金額としましては、基本料10万円〜40万円、成功報酬も同額程度の設定になるかと思われます。基本料金は結果に左右されない料金で、成功報酬は首尾よく判明したときに申し受ける料金です。
● 意図的な失踪と、逃避の意思のない肉親や恩人の所在調査は異なります。一般的に前者の方が難易度は高くなります。

 その他 

● 警察への捜索願は必ず届け出てください。
● 調査終了後、調査の経過記録を提出いたします。
● ストーカー規制法、DV(ドメスティックバイオレンス)防止法などに抵触する調査や違法な調査は行いません。

                                                    このページ先頭へ


 ストーカー・迷惑行為
 ストーカー行為は犯罪です。エスカレートするのが特徴的です。その前に、警察が動かざるを得ない証拠を押さえましょう。
いわれのない嫌がらせや迷惑行為も同様です。気づかないところで逆恨みされていることもあります。
相手を特定し、理由を突き止めなければ不安が増すばかりです。我慢が相手の増長を招くこともあります。

 調査内容

● 行動確認(尾行・張込み)や録画装置で証拠撮影を行います。相手が未詳の場合は人物の特定を行います(住所、氏名、職業等)。
● 必要に応じ、防止策の検討と具体策の実施をいたします。
● 異常事態にあっては緊急避難措置を優先し、警察への協力要請を行なう場合もあります。

 調査料金の目安

● 事前に相手が特定されているか否かなどで違いが生じますが、例えば別れたパートナーがストーカーの場合、概ね20万円~60万円のご予算が想定されます。

 その他 

● 調査結果の概要と時分単位の詳細な記録を報告書にまとめ、証拠となる写真やビデオ(DVD)を添付いたします。
● 警察へのご相談もなさっておいた方がよろしいと存じます。
● ご自身でも被害状況を記録しておきましょう。

                                                    このページ先頭へ


 いじめ・非行などの問題
 怪我や現金の紛失。とじこもったり反抗的になったりの変貌。デリケートな子供たちは、いじめの救難信号を発します。忙し過ぎる教員。事なかれ主義の学校は、事実関係把握の手間を惜しむこともあります。対処を余儀なくする証拠が必要です。
非行は、いじめが引き金となるケースがあります。弱者の立場逆転の非常手段なのです。実情を確認しなければ、対処方針も的外れになる可能性大です。

 調査内容

● 行動確認調査(尾行・張込み)により、いじめや非行の有無を確認します。
● その事実が確認された場合、加害者や関係者の特定と内容を把握し、撮影などの証拠固めを行います。
● 原因と背景究明のため、関係者からの聞き取りを行うこともあります。緊急を要する場合は、調査よりも救護を優先します。

 調査料金の目安

● 過去の弊社取扱い案件では、概ね15〜50万円のご予算が想定されます。
● 基本的な調査方法の料金につきましては、標準料金表を参照してください。

 その他 

● 調査結果の概要、時分単位の詳細な行動記録を報告書にまとめ、証拠となる写真やビデオ(DVD)を添付いたします。
● お子様のサイン(変化)を放置せず、向き合うことも大切です。

                                                    このページ先頭へ


 縁談や契約相手の信用
 基本的に結婚は当人同士の信頼関係が第一です。しかし、個人情報保護法の拡大解釈を逆手に取り、匿名社会を悪用する者もいます。
好条件での投資話や高額商品の売買、不動産の賃貸借や委任契約等、信用度を測る慎重さが自らを助くことは多々あります。
判断に迷ったとき、客観的な与信調査は思い込みの修正に役立ちます。その余裕を与えたがらない相手には気を付けなければなりません。

 調査内容

● 第一に、当人の基礎情報(住所、氏名、職業等)の真偽の確認を行います。
● 次に、現在・過去の関係先における側面調査(取材・聞込み)により、トラブルや不審事項の有無を洗い出します。
● 関係先コミュニティーと隔絶した人物の場合、行動確認調査などにより情報収集を行う場合もあります。

 調査料金の目安

● 調査範囲のご要望により、3万円〜25万円ほどの調査料金が見込まれます。(交通費等必要経費は実費精算)
● 事案内容によりましては、範囲限定で調査を進めることにより、ご予算の軽減も可能かと思われます。
● 基本的な調査方法の料金につきましては、標準料金表を参照してください。

 その他 

● 調査結果の概要、各調査先における詳細を報告書にまとめ、入手資料を添付いたします。
● 範囲限定の調査につきましては、事案全体の特性により手順不可逆で応じられない場合もございます。
● 調査対象者とご相談者様の関係が不明確な場合、調査依頼を受付けられないこともあります。
● 社会的差別に係わる調査は行いません。

                                                    このページ先頭へ


 肉親や恩人の所在調査
 生き別れた肉親。安否が気に掛かる恩人やもう一度会いたいあの人。元気なことだけが分かればよいという人もあります。
そんな大事な人をお捜しします。



 調査内容

● 古い住所や電話、出身地や出身校、お勤め先や出逢った場所など、ご提示いただいた手掛かりをたどって行きます。差し支えのない友人・知人などに協力を求め、情報収集することもあります。
● 所在確認が取れた場合、具体的な住所や連絡先については、ご本人の許諾を得たうえでの詳細報告となります。稀にご本人様が情報開示を望まない場合、近況報告にとどまることもあります。

 調査料金の目安

● 事前の情報量により難易度が大きく異なり、お見積額も違ってきますが、基本調査料と成功報酬の設定となります。
● 例外もありますが、概ね基本料5万円〜20万円、成功報酬も同額程度の設定になるケースが多くございます。基本料金は結果に左右されない料金であり、成功報酬は首尾よく判明したときに申し受ける料金です。
● 対象者ご本人様が情報開示を望まれなかった場合でも、合理的な調査報告に基づき成功報酬は発生します。

 その他 

● 調査終了後、結果と経過をまとめた報告書を提出いたします。
● ストーカー規制法、DV(ドメスティックバイオレンス)防止法などに抵触する違法な調査は受け付けません。

                                                    このページ先頭へ


 盗聴・盗撮の点検探査
 盗聴・盗撮は、スパイ活動に限らず個人的な欲望の充足手段に使われているケースも少なくありません。
誰もがプライバシー侵害の被害者となり得る世の中です。



 調査内容

● 広帯域レシーバー、スペクトラムアナライザ、電界強度計、周波数カウンタなどにより、無線式盗聴・盗撮機器を探知します。
● 目視点検により、有線式、直接式盗聴・盗撮機器を探査します。

 調査料金の目安

● 一般住宅 60uまで50,000円、超過30uごと15,000円
● 事務所等 60uまで70,000円、超過30uごと20,000円

 その他 

● 事務所や会議室、研究施設等の場合は盗聴・盗撮機器の隠匿箇所が豊富なため、住宅に比して若干料金設定が高くなっています。
● 多くの物品に電子回路が組み込まれているため、目視点検は必要不可欠とご理解ください。

                                                    このページ先頭へ


 筆跡・指紋等鑑定照合
 遺言書、契約書、委任状、手紙、メモ、中傷文書等、二つ以上の対象資料の異同を比較鑑定し、執筆者や指紋の持ち主を明らかにして事件・事象への対処、証拠確立を行います。
鑑定対象としては筆跡と指紋を取り扱っております。


 調査内容

● 弊社は、実績ある鑑定人をご紹介、または取次ぎいたします。
● 人物の特定されている鑑定・照合資料の入手が必要な場合、弊社探偵調査部門が対処いたします。

 調査料金の目安

● 筆跡鑑定
   筆跡鑑定書(4〜5週間)        525,000円
   簡易筆跡鑑定書(3〜4週間)   315,000円
   筆跡異同診断票(3〜10日)      31,500円〜105,000円
   面談鑑定(予約当日)              50,000円
● 指紋照合
   基本料金(10指紋まで)         450,000円
   追加料金(1指紋につき)          30,000円

 その他 

● 鑑定人は裁判所出廷にも応じます(別途料金が必要です)。

                                                    このページ先頭へ